ローソファーがおすすめな理由

何と言っても部屋が広く見える、感じる点ですね。
文字通りソファー自体が低いため天井が高く見える効果があり、通常のソファーと比べてコンパクト。
部屋の圧迫感も少なくなります。
たとえば賃貸のワンルームでお気に入りの脚の長いソファーを置いたら、どうでしょうか?
相当の迫力となってしまうかもしれません。
その点、ローソファーなら部屋にスペースが生まれますので、部屋のコーディネートにも幅が出てきます。

メリットとデメリットは?

部屋が広く感じる以外にもメリットはあります。
小さい子供がいるご家庭の場合だと、ある程度の高さのあるソファーはつかまり立ちをしてきて、倒れたり転ばないか心配になりますね。
ケガにも繋がってしまいますが、ローソファーなら心配は不要。
むしろママがローソファに座ると立った子供の目線くらいになれるため、一緒に遊んだりして笑顔が増えるかもしれませんね。
メリットが多く感じますが、もちろんデメリットもあります。
床からの距離が近い、もしくは床に直接置いてあるためそのぶんリラックスできるのは良いのですが、だらっとしてしまう点でしょう。
あらかじめ少し休んだら洗濯をする、掃除機をかけるなど自分の中でルールを作っておくと防止することもできますね。

コーディネートは難しくないの?

あまりにも他のアイテムが高すぎると、全体のバランスは崩れてしまうかもしれません。
ローソファーに合わせて、あえてテレビは床に直置きするのもおすすめ。
テレビ台を買わなくても良いというメリットも生まれます。
必然的にテーブルも低くなりますので、あえて少し背のある観葉植物をソファーのそばにコーディネートするのも良いでしょう。
元々の部屋の作りも考え、ローソファーを選ぶポイントにしてみてください。

ローソファーとは一般のソファーに比べて座面の高さか低く、天井との距離が遠くなるため部屋が広く見える効果のあるソファーのことです。